ヘム鉄と鉄の違い|貧血改善にはどちらが最も適しているのか

女性で鉄分不足で悩んでいる方は多いと思いますがなぜ女性に
なりやすいのか知っていますか。

ふつう男の人も女の人も体の中に、常に3~5グラムの鉄があり、
毎日その5千分の1に相当する0.72㎎というごく微量の鉄しか
体の外には出ていかないので、日々の食事で十分に補うことが
できるのです。

ところが、女性の場合、毎月の生理のたび1回につき20~30㎎の
鉄が失われています。生理期間の1日に置き換えると、1日当たり
約0.63㎎も鉄分が体外に出て行ってしまい、通常分と合わせれば
1日で約1.35㎎も失っていることになります。

一日にとるとよいとされる鉄分量は女性で12㎎、男性で10㎎で
女性の方が男性の1.2倍摂取しなければなりません。鉄分の含まれ
た食べ物を摂取するとなっても毎食鉄分のことばかり考え食事を
してもなかなか取りづらいものです。

そこで、鉄分のなかでも吸収率のいいヘム鉄を多く摂取したほう
がよいのです。

鉄分には2種類あり肉や魚などの動物性のヘム鉄と野菜や海草など
の植物性の鉄があります。ヘム鉄と鉄の違いは小腸の粘膜からの
吸収率がヘム鉄が10~20%、鉄で1~6%と圧倒的に動物性のヘム鉄の
ほうが吸収されやすいのです。

ですので、赤身肉やレバーなどを摂取すると吸収されやすいので
貧血などの症状の改善につながります。しかし、妊婦さんは例外で
動物性のレバーなどで鉄分補給を毎日行っているとビタミンAも多く
含まれているため、過剰に摂取したことによってビタミンA症候群
になってしまいお腹の中の子供が奇形児になる可能性が高くなります。

しかし、妊婦さんはおなかの赤ちゃんや胎盤を成長させるためにも、
妊娠から出産後6ヶ月くらいまでは男性の約2倍の鉄分が必要になります。

そんな妊婦さんにもオススメなのが、植物性の鉄の食べ物になり、その
なかでも納豆、小松菜、ホウレンソウ、切り干し大根、ひじきなどは
吸収率もよい食べ物です。

また、ホウレンソウは非ヘム鉄の弱点でもある吸収率をアップして
くれるビタミンCも豊富に含まれているのでオススメな食材です。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ